一眼レフカメラの構図 5つの構図をマスターしましょう

写真を生かすも殺すも構図次第です。細かく分類していくときりがありませんが、代表的で実践しやすいものを挙げてみました。

日の丸構図

いわゆる日の丸構図は、初心者が陥りやすい最初の構図でしょう。

83_1

被写体を画面の真ん中に配置する、最も単純かつ簡単、そしてつまらない構図です。

なんとなくきれいな風景や建物だったからカメラを構えて撮ってみた、何も考えずに撮った、というときにはこの構図になってしまいがちです。

83_2

被写体だけがぽん、と画面の中心にあり、動きのない写真です。仏閣が湖の上にせり出して建っているというところなのですが、よく見ないと湖の上に建っているということがわかりませんね。このように背景の情報まできちんと伝えたいという場合、日の丸構図は適しません。真ん中にあるものから視線が動かせなくなってしまうためです。

83_3

これも典型的な日の丸構図ですね。動物園のライオンがこんなに動くのは珍しいですから、逃さないようにと必死にシャッターを切ったら被写体が中心にあった、というのはよくある話です。

せっかくなので、大胆にトリミングしてしまいましょう。

83_4

顔を中心に思い切ってトリミングしました。同じ写真ですが、トリミング前と比べてずいぶん迫力が出ました。もともとは横位置でしたが、縦位置のように切ってしまうことで、縦方向に大きく開けた口が強調されています。トリミングによってイキイキとしてきましたね。

被写体を真ん中に配置するのが悪いわけではありません。背景のない場所で、被写体そのものに魅力がある場合は日の丸構図が活きてくる場合もあります。典型的なのはグラビアですね。

シンメトリー構図

83_5 83_6

左右対称、あるいは上下対称になるようにした構図です。撮る方にも見る方にもわかりやすい美しさですね。このような教会や神社仏閣といった建物の荘厳さを表現するにはぴったりといえます。せっかくの対称が崩れてしまうので、無駄なものが写り込まないように気を付けましょう。

83_7

こちらは上下の対称です。湖面に映る風景は、自然界の究極のシンメトリーですね。

三分割構図

画面を縦、横方向ともに三つに分割し、分割した線の交点に被写体を配置するという構図です。

83_8 83_9

ミズバショウが水面に出ているラインが分割線とほぼ重なり、カエルも左下の交点に重なっています。これ以上トリミングの余地がない、非常にしっくりとくる配置ですね。

日の丸構図ばかりになってしまうという人は、主役の被写体を画面の中心から少し外すことを意識しておくと、三分割構図に近い写真が出来上がるでしょう。

二分割構図

83_10

画面を上下に二分割、あるいは左右に二分割するような構図です。

83_11

一般的には、水平線で上下を二分割すると、安定感が生まれるとされています。この写真は水平線にあたる木立が帯になっているのに加え、横長にトリミングしてあることで広がりが強調されて、より安定感のある写真になっていますね。さらにトラクターが三分割構図の右下の交点に配置され、アクセントとして写真を引き締めてくれています。

放射構図

83_12

視線を収束させる一点をつくることで、奥行きや高低差が表現できる構図です。

83_13

この写真では、門が収束点になっています。階段から門に向かって、自然と視線が動きますね。写真に斜めの線を入れることで、視線を誘導できるという効果もあります。

まとめ

構図を事細かに勉強していくと、頭でっかちになってしまいがちです。

コンパクトな構図の写真を感覚的に撮れるようになることが、写真上達への近道といえるでしょう。【17】では「コンパクト」の解釈と実践について説明します。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る