一眼レフカメラのISO感度について

写真の明るさを左右する要素に、ISO感度というものがあります。

これはイメージセンサーが光を感じる能力を数値化したもので、ISO100などと表現します。数字が大きいほど感度が高く、明るい写真になることを示しています。

これまでさんざん写真=取り込む光の量だと書いてきましたが、取り込む光の量が極端に少なくても感度を上げればいいじゃないか、と思われるかもしれません。理論上はその通りです。ただ、感度を上げすぎると、写真がざらざらした質感になってしまうという欠点があります。

73_1 73_2 73_3

上から、ISO1000、3200、6400で撮影しました。ISO感度を上げるにつれ、写真のざらざらとした質感が目立ってきているのがわかりますね。ちなみに上の三枚は、ざらつきがわかりやすいよう、下に示した元の写真の一部を拡大したものです。

73_4

ISO感度は便利な機能ではあるのですが、安易に上げすぎないことが重要です。

さて、写真の用途にもよりますが、大きくプリントする場合や大幅にトリミングする場合は、カメラの解像度ISO3200以上になるとざらつきが目につくようになってくると考えましょう。プリントしない場合やトリミングせずにSNSへアップするなどの用途であれば、ISO6400にしても気にしすぎることはありません。

逆に晴天の屋外ならISO100~200、曇りならISO400~600程度にしておけば失敗はありません。

ISO3200以上にするのは「しぼりとシャッタースピード、どちらも譲れないのにもっと写真を明るくしたい」というどうしようもない場合だけ、と心得ましょう。

レンズの特性

レンズにはそれぞれ特徴があるので、うまく使い分けましょう。

広角レンズ

73_5

オレンジのラインは、どちらも垂直線です。こうしてみると、画面中央に近い位置にあるテラスの柱はオレンジの線とほぼ平行ですが、画面左側の建物はぐにゃりとゆがんで写っていることがわかります。この写真は24ミリで撮影されていますが、広角になればなるほどこのゆがみは大きくなっていきます。

スマホでの自撮り写真を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。何人かで写真におさまろうとすると、腕を伸ばす撮影者は画面の隅に寄ってしまい、どうしても顔がゆがんでしまいますね。人物写真を撮るときには、顔がゆがまないよう、できるかぎり広角レンズを使わないのが賢い選択といえます。どうしても広角レンズで人物写真を撮りたいときには、顔を画面の中央付近に配置するようにしましょう。

望遠レンズ

73_6

220ミリで撮影しました。赤い傘が狭い間隔で連なっているように見えますが、実際には傘ひとつひとつの間隔は10メートルほどあります。このように望遠レンズは、背景をぐっと近くに寄せてくれるという圧縮効果があります。人によっては、引っ張る(=望遠レンズで撮影者の方に背景を引っ張ってくる)という言い方をします。

奥行きをつぶすようにコンパクトに表現することで、広角レンズで撮るよりもにぎやかな写真になります。こうした商店街や、お祭りの写真などでは望遠レンズが活きてきます。

一方、このように奥行きを表現したいなら、広角レンズを使いましょう。

73_7

最短撮影距離

レンズには、被写体にこれ以上近づくとピントが合わなくなって撮影できなくなるという最短撮影距離というものがあります。

レンズの表示を見てみましょう。Nikonの望遠ズーム、55~300ミリのレンズです。

73_8

オレンジで囲った部分に「∞-1.4m」とありますが、これはピントの合う範囲を示しています。1.4メートル以内に入ってしまうとピントが合わなくなるということです。逆に遠くにあるものは、どれだけ離れていてもピントを合わせられます。

カメラ本体右上に「Φ」のようなマークがあり、ここが基準点を表しています。上のレンズだと、「Φ」からの距離が1.4メートル以内にある被写体にはピントが合わない、ということになります。

上のレンズは望遠なので最短焦点距離が長いですが、同じくNikonの18~55ミリ標準ズームレンズになると、0.28メートルと一気に短くなります。最短焦点距離はレンズの先端からの距離でないことに注意が必要です。レンズによって筒の長さが違いますから、本体からの距離だと覚えておきましょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る