一眼レフカメラでの屋外の人物写真

晴れた日に屋外で撮る写真は、とにかく明るく、肌がきれいに見えることが魅力です。

しかし、順光がまぶしすぎて顔をしかめてしまったり、日差しが強すぎて目の下などに影ができてしまったりと、思った通りにいかないこともしばしば。屋外撮影のポイントを理解しておきましょう。

順光は避ける

太陽に真正面に向き続けるのはつらいものです。ポートレート撮影なら、半逆光くらいを目安にして、レフ板を使って顔を明るく見せましょう。直射日光と違い、レフ板による間接照明は影ができにくく、ふんわりとした明るさになります。明るめの日陰でISO感度を上げて撮るのもいいでしょう。

ストロボを使う

十分に明るい屋外の撮影でも、ストロボは役に立ちます。

108_5 108_6

上の写真はストロボあり、下はストロボなしで撮ったものです。ただ単に露出補正で明るくしたというのとは違い、遊具や帽子の影が軽減され、顔が明るくなっている様子がよくわかりますね。

影ができてしまう要素は多くあります。ホリの深い人は顔に影ができやすいですし、前髪も影になってしまいます。顔に影が多いと老けて見えるので、特に女性を撮る場合は光を当ててやることが重要です。たとえ逆光でなくともストロボを使うことで、影が消え、背景からぐっと浮き立って見えてきます。

室内の人物写真

屋内というのは暗く、しぼりを開放しても感度を上げても、なかなか肌が美しく見えません。

もし日が差し込む場所や窓があれば、その近くで撮るのがベターです。照明機材のあるスタジオなら、柔らかい光を意識してライティングしましょう。

バウンス

ストロボの光を被写体に直接向けるのもいいですが、被写体が壁を背にしている場合、くっきりと影ができてしまうことがあります。なにしろ何度も光を当てるのはまぶしいものなので、ここでは外付けストロボを使ったバウンスを紹介します。

バウンスとは、ストロボの光をいったん天井や壁に当て、跳ね返った光で被写体を照らす方法です。要するに、ストロボの光を間接照明化するということなので、全体的にふんわりとした明るさになります。

108_7
黄色で示したのがストロボからの直接の光、オレンジはバウンス後の間接照明化した光です。被写体だけでなく、手前から奥までかなり広い範囲が明るくなることがわかります。

108_8 108_9

上がバウンスを使って撮影したもの、下は使わなかったものです。暗かった背景も柔らかな明るさになっているのがわかります。

 

まずは真上に向かってバウンスさせてみて、目の下などの影が気になる場合にはストロボの向きを動かしていきましょう。

108_10

撮影者が壁を背にしている場合は、後ろの壁にバウンスさせるように動かしていくいいでしょう。天井にバウンスさせたときと比べて、オレンジで示した間接照明化した光が、被写体を前から照らしているのがわかります。帽子をかぶっていても、影ができにくくなります。ただし、真後ろにバウンスさせると撮影者の影が写りこんでしまうことがあるので、注意が必要です。大人のハメ撮りなどでもこれは使えるテクニックです。

天井や壁が白っぽいと、光の反射量が多いので明るくなりやすくなります。木目調などの場合も、白より反射量が減りますが、まったくないより明るくなります。内装が黒っぽい場合は、レフ板を使いましょう。ストロボをレフ板に向け、被写体を照らします。

ストロボディフューザー

外付けストロボにかぶせるカバーのようなもので、ストロボの強い光を軽減する効果があります。これがあれば、被写体に直接ストロボを当てても柔らかい光になるので自然です。

108_11

(Nikon バウンスアダプターSW-14H SB-700用)

手持ちのストロボに合う大きさのものを買いましょう。また、照明がオレンジ色の場合、白い光を当てると不自然な写真になるので、オレンジのストロボディフューザーを使います。オレンジは夕日の中での撮影でも使えるので便利です。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る